2007年08月29日

年に一度の part1

静かな時間をすごしているので読書をちょこちょこしています。
どうぶつ病院での待ち時間、早くて30分、遅くて2時間、
そんな時間を楽しく過ごすためにも読書したり。

「年に一度、の二人」 永井するみ

恋愛中ってしょっちゅう会いたいもの、 
週に数回デートできてあたり前、なんてことがない恋愛なのですよ、 このストーリの場合。

タイトルとおり、そう「年に一度」しが会えない、これだけでも「小説だな」と思うんだけど、さらにすごいところは彼の住所・メルアド・電話番号などまったく知らない、それでも何年も続けられるミドル世代の沙和子さんの恋、ロマンチックすぎるじゃありませんか!!これぞ大人の恋なのかしら。

沙和子さんは医者の夫・息子ももいてかっちょいい仕事を持つ、裕福な絵にかいたような女性。
しかし、あきらめきった夫婦関係、仕事の出張の香港で息子の好きな馬を見に「ハッピーバレー競馬場」で偶然であった男性と恋に落ちる。そして1年後同じ場所で会おうと約束を交わす。
静かにふつふつと燃える恋、夫婦関係のバランスを保つべき、あと何年と息子の成長を目標に重ねていく年に1度のデート。

そして1章は終わり、「この先はどうなるのぉ?読者にお任せしますなの?」
とあとが読みたい衝動にかられます。

そして2章は普通のOL20代のかりんさんが香港の豪華レストランで大学院生の男性と出会う。牧草を研究中の彼に導かれ「ハッピーバレー競馬場」を楽しむことに。一年後この場所でまた会おうと約束をして別れるが、若いかりんさんにはそんなこと耐えられないような試練です。

会える可能性を求め彼の実家のはなしをもとに北海道の牧場をたずね、不安いっぱいな日々を送りながらの毎日。仕事でであった男性にこころ動かされ香港での約束のがかかる日程で旅行をすることに。 「あーぁーやっちゃったのね、もうどうすんのよ」と読者の気持ちをやきもきさせてくれます。

3章では沙和子さんも登場「よかったわ〜そんでそんでどうなるのよ」とわくわく、沙和子さんのよくできた息子が修羅場をのりこえさせてくれますよ。その後のかりんさんはどうなっているのでしょうか? 

香港にいったことのないわたし、海に映る夜景や、英国人が植民地時代に作った歴史ある「ハッピーバレー競馬場」どんなとこだろうと思い巡らし行きたいなと思いました。
香港といえばお買い物天国、女性といくべきねーなんて思いがちですが、この競馬場もプランにいれ殿方との 香港旅行 もいいかもです。

こういう構成はどんどん先を読みたくなっちゃいますね。ほんと楽しめた本です。

ランキングに参加中です、おねがいしまーするんるん
banner_04.gif e_02.gifにほんブログ村 生活ブログへ
posted by ルウ at 21:34| Comment(4) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焦ったらあかん

みなさまからあたたかいコメントいただきほんとうにありがとうございました。 
このことをアップしようかどうか迷いましたが、
あたたかいコメントにたいへん励ましていただき、涙があふれてきました。

友情は喜びを倍増にし、悲しみを半減する 
そう、この言葉のとおり、私の悲しみはみなさまのおかげで半分になり、
そして希望の光をいただきました、心から感謝しております。

ぼつぼつブログも書けそうな状態になりつつあります。
まずは自分のできる範囲でやっていきたいと思います、
どうぞまた遊びにきてくださいませ、
そしてみなさまのところにも遊びにいかせていただきたいと思っております。

ラウは歩けるようになり、ごはんがほんのちょっぴり食べれるようになり、
イヤイヤと感情をだせるようになり、
もう少しでリードをつけて歩く距離ものばせそうなところまで、
緩やかながら回復してきています。

あまり食べてくれないから無理に食べさそうとするとその場を去っていく、
「焦ったらあかん」と自分にいいきかせているのですが、
先生にもずばり言われてしまいました。
けっこうひとりにしているとお皿が空になっていることもあり、
「おなか空いたら食べるやろ」ぐらいにドンとかまえたらいいらしい。

景気づけに牛肉を焼いてあげたらペロリとたいらげ、
翌日のとりのささみにはまったく反応なし、
あぁーどうしよう破産してしまうやんか、
その翌日にはあきらめたのか、うちの家計に気がついたのか、
ささみを食べておりました。

体重はなんとか維持できているのですが
運動できる量が少なく、栄養も偏っているためか
あっという間のすさまじい勢いで全身の筋肉が落ちてきています。

近くの公園までラウを抱えそこで下ろして少し歩かせ、しっかり排泄もしてくれ
「えらいぞ、ラウ」とほめてやっています。
この点はほんの数日だけ室内で排泄しただけで、
いままでの本能てきなものでしょうか
外でしっかりやってくれ、とても助かります。

そしてわたしは
10キロのお米を抱えて公園までの距離を往復、
知らず知らずのうちに足に筋肉がついてきました、
ラウからの感謝の気持ち?ラウの効用?ですかね。

ありがたくお気持ち受け取っておきますが、
お母さんが適度な筋肉がつきマッチョになる手前で元気になっておくれ〜。

ランキングに参加中です、おねがいしまーするんるん
banner_04.gif e_02.gifにほんブログ村 生活ブログへ
posted by ルウ at 17:50| Comment(6) | TrackBack(0) | わんこのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

涙があふれて・・・

しばらくごぶさたしており、もうしわけございません。
たいへんなことが起こりPCの前にむかえませんでした。

8月12日からわんこの調子が悪くなり緊急入院、
むずかしい病気になり歩けなくなりました。
面会にいってもグッタリしており、涙がこぼれてとまりませんでした。
もう年だから(14歳人間なら70代だそうです)と言う人もいましたが、
突発性に発生する病気だったから、
ぜんぜん心の準備ができていない、
できることはしてやることにしました。

14日には自宅につれてかえり、水を飲んでも吐く、食事はしない、
立つこともできず、つらい思いをさせてしまいました。
ラウの手をにぎり泣きながら励ます日々が続き、
少しづつ歩けるようになって、いつもの公園まで抱えてつれていきました。

16日よりやっと少量たべるようになり、吐くこともおさまりました。
これで注射からお薬に移行できましたが毎日病院にはつれていっています。

仕事をしながらの看病はたいへんつらく、
おやすみをお願いしても犬だから半日しかいただけない状態、
しんどく心細いラウをおいて仕事するのはつらかった。
職場の人に
「仕事休みたいやろ、かわいそうに、頑張ってるね。」
とやさしい言葉をいただき、うるうるしてしまいました。
家族の協力のもと8月19日まではひとりにはならず、ほんとに感謝しています。

食欲も回復してきているのですが、検査データーの改善がみられず、
昨日からまた入院して点滴治療、
病院に送り届けた後は涙があふれてきました。
「犬が察知するから前では泣いたらあかんで、しっつかりしとかんな」と
声をかけてくれる人がいて、ラウの前ではできるだけ泣かないようにしていますが、
ふっとひとりになったとき、涙がこぼれ落ちてきます。

ロングスパンでのぞまないといけない病気とはわかっていながら、
しっぽもふることができないくらいツライのをみていると、
心がはりさけそうになります。

本日自宅にもどり、ぐったりよこになっています、
やっぱり自宅がよいのでしょうね。

いろんな合併症や副作用も起こる可能性もありリスキーな状態ですが、
1日でも早く良くなるように毎日過ごしている次第です。
まだまだ看病に時間がかかるので、ブログの更新は今までのようにいかなくなりました。
頻度は落ちますがなんとか続けていきたいと思います。

みなさまのところにも遊びにいきたいのですが、
なかなかコメントかきにけずに申し訳ございません。

どうぞあたたかく見守ってくださいませ。
posted by ルウ at 23:06| Comment(14) | TrackBack(0) | わんこのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

ハプニング いろいろ

昨日のことになりますが、ときどきお誘いを受ける飲み会、 
プライベートで唯一メンズとおはなしができるのですよぉーハートたち(複数ハート)
友人の一人が定期的に行っているのに参加させていただいております。

今回は阿部野近鉄ビールビアガーデンにいってきました。
お初に会うメンバーのおひとり、
違うところのビアガーデンにいっているし、
そこで「○○で予約しているんですが、ないんですかむかっ(怒り)」思わずギャク切れしたそう、
あんたが間違ってんだよパンチとみんなにつっこまれてました。
かなりのおっちょこちょいさんでございます。

金曜の夜ってことですんごいたくさんこられていてびっくり。
幹事さんが予約をしてくれていたからスムーズに席に入れました。

食べ放題、飲み放題、あまりにもおなかが空いていたから、
わたくし開始時は無言でいただいておりました、ガンガン。
そう女を捨てて、これがいいのよぉー、
あんまり女を強調せず、おもいっきり隙をみせる、素でいく、
そのときはそないなこと考えていなかったんですが笑。
そしてすっかり画像をとるの忘れておりましたバッド(下向き矢印)
腹いっぱいになってから、IQのお高い男子にいろいろ質問、

そう、ある意味同業者のあつまりなもんで、みんな職場は違います
さすが、というお答えをいただきながら感心しまくったぁー。

そ、そ、それから、これは色恋沙汰の会ではない残念ながら、
しかーしザックバランで楽しゅうございました。

帰りのキップを買っていたら、おっちょこちょいさん、
「うわーくるときに帰りのキップ買ったのに、また買ってもたどんっ(衝撃)
IQのお高い人
「気が利いてんだか、利いてないんだか・・・」とつぶやかれていました。
うーん、つっこみもクールだわん。 

そしてわたしの友人はかなり酔っ払っていて、電車で分かれるときチョイ心配、
わたしが帰宅する前に
「あぁー降りる駅すぎてもうたぁーあせあせ(飛び散る汗)明日も仕事やのに。」とメールがきました。

笑いをとるのうまいよね、と思うくらい
いやいやかなり素です、天然です、みんなやってくれますわ、 
わたしも次回はネタしこんでいこっと。

ランキングに参加中です、おねがいしまーするんるん
banner_04.gif e_02.gifにほんブログ村 生活ブログへ
posted by ルウ at 14:19| Comment(5) | TrackBack(0) | うふふな♪こと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

夏の夜を満喫

夏の夜風に吹かれて「なら燈火会」に行ってきました。 
(19:00から21:45 8/14まで開催)

なら公園や東大寺などろうそくのほのかな明かりが灯り、
ほんのりとしたやさしい気持ちになります。

とりえず猿沢池周辺で日暮れをまっていると、大階段のところから
「こちらにあつまってくださーい」と
工事の人が振っている赤いライトを持った人が叫んでいる、
「どっかのツアーかな、ついていこか?」となりいってみた。
どうもボランティアのガイドさんたちが数人無料で案内してくれるらしい。
「いっとこーいいスポットがまわれそう」と友人と大喜び。

どうもわたしの夜景モードはうまく使えない、
たくさん撮ったんですが、つかえる写真が少ない。
どなたか使い方おしえてくださーい、おねがいします。

こんな感じで低い位置にろうそくが飾られています。
ボランティアのみまさんが手でひとつひとつともされていました。

07.08.toukae.1.JPG

ちなみにこれはわたしゃーではありませぬ、
そんなことわかってるって、はい、そうですどんっ(衝撃)
いつものように女同士ででかけてまいりました。
試し撮りしたものがキレイに撮れたから使ってみました。

続きを読む
posted by ルウ at 19:40| Comment(3) | TrackBack(0) | うふふな♪こと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。